読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しくうつ病の症状を理解して改善させよう

自分や周りの人がうつ病じゃないかと思ったらチョット見てください。

うつ病に葉酸が効果があるという事は科学的に実証されている

うつ病葉酸が効果があるという事は科学的に実証されています。

 

東京大医学部の村上健太郎氏と国立国際医療センター溝上哲也氏が行った研究データから、葉酸うつ病の予防にも大きな働きがあるということが実証されております。

 

葉酸といえば、女性が妊娠中に必要なものくらいしか知らない人も多いようですが、

 下のリンクに葉酸とうつ症状についての関連データが載っています。

PDFファイルなのでスマホの方はもしかしたら見れないかもしれませんが・・・

 

http://www.nutrepi.m.u-tokyo.ac.jp/publication/japanese/11088.pdf">葉酸摂取量とうつ症状との関連データ

 

 

難しいことが書いていますが簡単に言うと

葉酸には、脳の神経系に関与することで気持ちをリラックスさせたりメンタルを安定させる効果があります。

抗うつ剤のみの使用で6割程度の効果だった方が、葉酸を摂取した際にはそちらが9割にもあがった

うつ病を患っている方の1ヶ月の食事を調査したところ、およそ8割とほとんどの方で葉酸不足がみられた

心療内科では、抗うつ剤だけではなく葉酸の摂取もすすめるところが多くあります。
加えて、国立国際医療研究センターでは葉酸の摂取を薦める運動が、うつ病による社会的な格差を解消する可能性が高いと発表しています。

葉酸を日ごろから摂取している方では、そうでない方と比較してうつ病の症状がみられなかったといった報告があります。

 

という事です。

 

ここで注目したいのは

葉酸を日ごろから摂取している方では、そうでない方と比較してうつ病の症状がみられなかったといった報告があります。

 

というところではないでしょうか?

 

葉酸にはうつを予防する働きがあるという事です。

 

葉酸には、脳の神経系に関与することで気持ちをリラックスさせたりメンタルを安定させる効果があります。

 

抗うつ剤のみの使用で6割程度の効果だった方が、葉酸を摂取した際にはそちらが9割にもあがったと報告されています。

 

うつ病を患っている方の1ヶ月の食事を調査したところ、およそ8割とほとんどの方で葉酸不足がみられたといった調査結果があります。

 

心療内科では、抗うつ剤だけではなく葉酸の摂取もすすめるところが多くあります。
加えて、国立国際医療研究センターでは葉酸の摂取を薦める運動が、うつ病による社会的な格差を解消する可能性が高いと発表しています。

 

葉酸を日ごろから摂取している方では、そうでない方と比較してうつ病の症状がみられなかったといった報告があります。

 

 

葉酸には、脳の神経系に関与することで気持ちをリラックスさせたりメンタルを安定させる効果があります。

 

抗うつ剤のみの使用で6割程度の効果だった方が、葉酸を摂取した際にはそちらが9割にもあがったと報告されています。

 

うつ病を患っている方の1ヶ月の食事を調査したところ、およそ8割とほとんどの方で葉酸不足がみられたといった調査結果があります。

 

心療内科では、抗うつ剤だけではなく葉酸の摂取もすすめるところが多くあります。
加えて、国立国際医療研究センターでは葉酸の摂取を薦める運動が、うつ病による社会的な格差を解消する可能性が高いと発表しています。

 

葉酸を日ごろから摂取している方では、そうでない方と比較してうつ病の症状がみられなかったといった報告があります。

オススメ葉酸サプリ

葉酸サプリといってもたくさんありすぎてなにがいいのか・・・

当ブログでは安全性を重視して葉酸サプリを選んでみました。
その基準は


1.添加物を配合していない
2.放射能検査を実施しているか

の2点です。

 

ベルタ葉酸サプリ

 ベルタ葉酸


葉酸サプリといえばコレ!と言われるくらいの安全性が高い人気の商品。
ビタミン、ミネラル27種類、カルシウム232㎎、野菜21種類、鉄分16㎎、葉酸400μg
添加物(香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防カビ剤・膨張剤・苦味料・光沢剤)無添加
美容成分も豊富に入っていることから人気No1!
ビタミンAの過剰摂取にも配慮されています。

定期便
最低6回
3,980円 税込み、送料無料

単品(お試し1回)
5,980円 税込み、送料無料


めぐりの葉酸

めぐりの葉酸


成分すべてが天然素材と天然に徹底的にこだわった葉酸サプリです。
放射能検査・残留農薬検査も定期的に行っています。
添加物一切未使用。

管理栄養士のサポートもあるので栄養面に不安がある場合も即時相談に乗って貰える。
鉄分・カルシウムは他社に若干劣るが、他成分サプリを併用摂取できるという利点も。

ラクトクコース
最低4回
初回 630円 税抜き 送料無料 先着300名
2回目以降 3,480円 送料無料

 

定期コースの最低購入回数、価格など迷うところもあります。

 

一番大事なのは、普段の食事です。

そのことはお忘れなく!!



うつ病と葉酸の効果について

葉酸とは、ビタミンB9やビタミンMとも呼ばれています。

葉酸には気分を落ち着かせ、健康的な神経システムを保持する役割があります。

 

葉酸は体の細胞分裂や正常な発育には欠かせないビタミンです。


また、”うつ病を食事で改善できる”という特集が、NHKあさイチ」でありました。

食事指導でうつ病の改善に効果を挙げている医療機関を「あさイチ」で取材しました。

重症のうつ病患者が最後に訪れる病院といわれる、『国立精神・神経医療研究センター』がそれで、栄養指導でうつの症状が改善するケースが相次いでいるそうです。

同病院の研究では、「うつ」になると不足する栄養素として「葉酸」が明らかになっていて、それは葉物野菜に多く含まれています。


炭水化物と脂質が過剰の食事を改善するため栄養指導を受け、野菜をたくさん食べるようにし、バランスの取れた食事に変えました。すると、3ヶ月で中性脂肪と血糖の数値が改善し、薬も併用していますが、うつ病もぐんぐん良くなっていきました。

主治医は、うつ病の治療において、食事が良くなると明るくなるという手応えがある、と言っています。

今まで、同病院では約100人が栄養指導を受け、ほぼ100%の効果が出ているとのことです。


うつ病生活習慣病と関係が深いことが分かっているため、食事については、バランスのよい食事と規則正しい食生活を実行すると、うつ病は改善に向かうと考えられているようです。

ちなみに、うつ病と関係の深い栄養素として、
[ビタミン・ミネラル類]
ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、鉄、亜鉛
[脂肪酸]
DHAEPA
[アミノ酸類]
トリプトファンメチオニン必須アミノ酸)、フェニルアラニンチロシン

があるそうです。

注意すべきは、特定の栄養素を摂取しようとメニューなどを考えると、悪玉コレステロールが増えたりと弊害もでるので、

あくまで色々な食材を満遍なくたべるバランスのよい食事を心がけるべきで、不足しそうな栄養素は補助的にサプリを利用するとか工夫するに止めるべきだということでした。

 

糖尿病とうつも関係があり、

”糖尿病だと3倍うつになりやすく、うつだと3倍糖尿病になりやすい”という傾向がある

 

ということです。

この観点からの「うつに効く食事」は、”ごはん、納豆、おくら、長芋”のセットです。これらはネバネバの食材で、血糖を上げにくい作用があります。

うつ病とサプリメントについて

うつ病は、脳内物質の不足で起こるといわれています。

 

うつ病の症状にもよりますが、
一般的には脳内物質のセロトニン分泌量が不足すると起きるというのが、最近の定説です。

 

また、ビタミンB1の不足などもうつ病に影響していると考えられています。

 

ですから、うつ病の薬は、それらの物質を補うよう作られているのです。

 

とはいえ、なかなか自分の症状に合う薬と出会えるとは限らないのが現状でしょう。

 

抗うつ剤と同じような効果を持ち、同じような成分を配合したサプリメントが最近では数多く出回っています。

 

うつ対策として有効だと思われるサプリメントは大きく分けると、


セロトニンノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミンなどを増やす効果のあるサプリメント


セロトニンノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミンなどの原料となる基本アミノ酸を含むサプリメント


・脳の働きを向上させるとされているビタミンB群を多く含んだサプリメント


セロトニンなどの脳内物質を運ぶ脳内伝達物質の働きを向上させるといわれているDHAが含まれているサプリメント

 

になります。

しかし、

これらのサプリメントうつ病の初期段階に、
「もしかしてうつ?」と思って使うのには適していますが、
症状が悪化している場合には、まず医師の診断を受けて適切な抗うつ剤を処方してもらうことが重要です。

 

それに、サプリメントとはいっても、中には強い副作用を起こしたり、他の薬剤との併用が危険なものもありますから、使用に当たっては医師に確認するのが望ましいでしょう。

うつ病に協力者より必要なものとは

うつ病に周りの人の協力が必要かというと、もちろん、必要でしょう。

 

でも、協力以上に必要なのは、周りの人の理解です。

 

うつ病になってしまうと、様々なことが以前とは違ってしまいます。

例えば、有能だった人が失敗ばかりしてしまうようになったり、明るかった人が無愛想になったりするでしょう。

 

ですが、それはうつ病のせいであり、本人に非はないのです。

 

また、うつ病の人は自殺願望を持ったり、自殺願望など無いのに無意識に電車に飛び込んでしまったりすることがあるので、
あまりにも様子がおかしい時には気をつけてあげるなどの配慮は必要になります。

 

でも、他にできることはありません。

 

むしろ、何もしない方がいいのです。

 

相手から話し掛けてきたら話を聞くだけで十分です。

 

実際、うつ状態の時には話をするのも億劫で大変なのです。

 

「『がんばれ』は禁句」などとよくいいますが、

うつの人に対して何かをしなければと考えることが間違っているのです。

 

無理に声をかけたり励まさない、気分転換をさせようとしない、
相手が求めなければ関わらないのが一番望まれていることです。

 

うつ病の人に迷惑をかけられることもあるかもしれません。

 

でも、本人が一番、自分を責めており、つらい思いをしているのです。

 

できれば、うつ病の人を責めず、励まさず、回復するのを気長に待ってあげてください。

 

とはいえ、中には誰か(主に恋人)に対する依存心が極端に強くなるケースもあります。

 

そのような場合は、あまり深入りしないようにするのがお互いのためになるでしょう。

うつ病の肉体的症状・精神的症状とは

うつ病は精神的に落ち込む沈うつ状態が長期間にわたって続く症状です。

その主な症状は精神的なものですが、肉体的な症状もあります。

 

うつ病の肉体的症状

 

一般的にはベッドに入ってから1時間以上眠れない・早朝に目が覚めて眠れなくなるなどの睡眠障害が2週間以上続くとうつ病の疑いが濃厚といわれています。

 

身体的な症状としては、耳鳴りや眩暈・頭痛・肩こり・胃痛・倦怠感・疲労感などが長期的に続いたり、
食欲不振で何も食べたくなくなったり、逆に無性に同じものばかり食べたくなり、食欲が増進することもあります。

 

うつ病の精神的症状

 

精神的な症状としては、ともかく気力がなく、「何もしたくない」という気持ちに支配され、
自分が大好きな趣味さえ面倒で億劫になり、美味しいものを食べたいという欲求さえなくなります。

 

人と会話するのが面倒になるので、電話が掛かってきただけで気分が悪くなり、
できるだけ人と接するのを避けたいと思うようになるでしょう。

 

最初は外出が面倒という程度ですが、症状が悪化すると着替えや洗顔・立ち上がることさえ億劫になるため、
トイレに行くのさえ面倒になり、ベッドから出ることができなくなることもあります。

 

また集中力や思考力が極端に低下するので、酷い場合には自国語の言葉でも会話が成立しなくなったり、
たった10本の鉛筆を数えるのにも、何度も何度も1本ずつ取り分けながら数えなければその数えた本数に自信が持てないようになります。

 

そしてそのような状態を責める気持ちが強くなると、

自分は生きている価値が無いと考え、自殺願望が芽生えることも少なくありません。

うつ病の治療法・薬

うつ病は、そのタイプによって治療法も変わりますし、症状によって薬も変わります。

 

うつ病の治療薬には、主に抗うつ剤精神安定剤(気分安定剤)・抗不安薬睡眠薬(睡眠導入剤)を使用します。


それぞれの薬は、ものによっては何十種類もあります。

その中から精神科医が症状にあわせて判断しながら薬を組み合わせて処方します。

 

また、それと平行して、患者が希望するようなら、あるいは、医師が必要と判断すると、カウンセリングを行うこともあります。

ですから、まず専門の医師に掛かることが重要なのですが、精神科受診は避けたいと考える人が多いのが現状で

そのため、心療内科を訪れる人も少なくありませんが、

心療内科は精神的な原因で肉体的な病が発症した人を主に診療する

ところです。

 

例えば、神経性胃炎とかストレス性胃潰瘍などです。

心療内科の医師は、抗うつ剤を処方することはできても、その人の精神状態に最適な薬を判断して処方する専門家ではありません。

 

自分がうつ病かもと思ったら、できるだけ早い段階で精神科を訪れるようにしましょう。

テレビドラマなどの影響で勘違いしている人も多いですが、

基本的に定期的な検診とカウンセリングは別物です。

 

医師は症状を聞いて薬の効き目を確認しながら処方を変えたり続けたりを判断します。

なので、殆どの場合、「具合はどうですか?」と症状を聞くだけで、診療時間は5~30分程度です。

カウンセリングは医師ではなく、カウンセラーの予約を取って掛かる事になっているのが一般的です。